中国人留学生の就職サポート・中国人のための転職サポート TOPページ

留学生活とお仕事探しを徹底サポート

来日直後の手続き2 ― 銀行口座の開設

1.銀行(または郵便局)に口座を開く

本国とのお金のやり取りや、家賃の引き落としなど、日本での生活が始まるとすぐに銀行や郵便局で新規に口座を開設する必要があります。
現金を手元に置いておくのは危険が伴いますし、アルバイトなどをする場合にも、給与の振込口座がないと困ります。銀行口座は外国人登録が済んだら早めに開設しましょう。

口座を作る銀行(または郵便局)の選び方については、個々人の生活形態や目的に応じて異なりますが、留学生の場合、概ね学校や自宅近くにその銀行や郵便局(またはそれらのATM)があり、入出金が便利かどうかが決め手になるでしょう。

■開設の手順

2 ATM(現金自動預払機)について

口座をもつ銀行に、暗証番号を登録し、キャッシュカードをつくっておくと、現金の預け入れ、払い戻し、振込み等がATMの機械操作だけででき、便利です。
操作は簡単で、説明画面は日本語だけのものや、英語や中国語が出るものがあります。
銀行の窓口はいつも混雑していてなかなか順番が回ってきませんが、ATMを利用すると、待ち時間が比較的かからず、手数料なども窓口よりも低額なのでメリットが多いといえます。
使い方がわからない時は、銀行ロビーにいる案内係の方などに教えてもらいましょう。

3 国際送金について

(1) 相手方の銀行口座宛に送金する場合

「外国送金申込書」へ必要事項を記入し、窓口へ提出します。
送金相手の住所、氏名、銀行名、口座番号をあらかじめメモとして持参しましょう。
なお、相手方の銀行からも手数料がかかるので注意してください。
  (料金、日数は、各銀行窓口でお問い合わせください。)

(2)送金小切手を発行する場合

「送金小切手」を発行してもらい、自分で郵送するという方法もあります。
この場合は、小切手を受け取った相手方から銀行に小切手の取り立てを依頼します。
  (料金、日数は、各銀行の窓口でお問い合わせください。)

4 ゆうちょ銀行(日本郵政グループ)の「ゆうちょ」

郵便局の「ゆうちょ」は、銀行の預金口座と同じようなものですが、郵便局は全国各地にあるため、口座を開設しておけば何かと便利です。
例えば国内を旅行中、旅先で急な出費が必要になったものの、普段取引している銀行が現地に無いような場合でも、郵便局ならばどこでもみつかりますので、すぐに「貯金」を引き出すことができます。
また、為替業務や海外送金業務なども行っているので銀行と同様の機能をもちますので便利です。
  (一部取り扱いのない郵便局や送金不可の国・地域などもあります。)

 ※株式会社ゆうちょ銀行は、 平成19年10月1日、日本郵政公社の民営化・分社化
   に伴い誕生した新銀行です。
   民営化前からの郵便貯金関連の商品・サービスについては、取扱い内容が一部
   変更されていますが、業務そのものは引き続き郵便局の貯金窓口で行われてい
   ます。

    ⇒ゆうちょ銀行HP: http://www.jp-bank.japanpost.jp/

copyright TOPページ