中国人留学生の就職サポート・中国人のための転職サポート TOPページ

留学生活とお仕事探しを徹底サポート

はじめての留学生活2 ― 鉄道を利用する

1 鉄道の種類

鉄道の種類には、大きく分けて以下のようなものがある。

■JR新幹線

東海道線、山陽線、東北線、上越線、北陸線、九州線の各線がある。

乗車運賃は飛行機に次いで高いが、長距離を移動する際にはかなりの時間短縮が可能。

  新幹線のぞみ号を利用した場合の所要時間(代表的な例)
     大阪⇔東京 : 約2時間30分
     大阪⇔博多(福岡県) : 約2時間30分

■JR在来線

■各地の公営・民営の鉄道(地下鉄、モノレール等含む)

 【参考】
    「日本の鉄道」(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
    http://ja.wikipedia.org/wiki/・・・・・・

 

2 鉄道の利用方法

 

(1)新幹線、特急などの切符の買い方

@駅の窓口で購入する

切符は駅の窓口(JRなら「みどりの窓口」)で購入する。
最近ではインターネット上で事前に予約し、窓口で予約番号を伝えたり自動券売機で番号を入力すれば切符が購入できるシステムも整ってきている。

 【参考】
    JRサイバーステーション:http://www.jr.cyberstation.ne.jp/
       →新幹線や在来線特急などの指定席空席状況の照会などに便利。
    JRエクスプレスE予約:http://expy.jp/top.php
       →会員になればインターネット上で空席照会、予約等が行える。

A「チケットショップ(金券ショップ)」で乗車券を購入する

都市部や駅周辺などに「チケットショップ」があれば、必要な区間のチケットが販売されていないか、覗いてみよう。「みどりの窓口」で購入するよりも低価格でチケット(乗車券+特急券)を入手できることがある。
このチケットを持っていれば、そのまま改札を通り、目的の列車の「自由席」に乗車することができる。また、券面に表示されている区間内の駅であれば、どの駅でも乗降可能だ。
但し、このチケットには「指定席」料金は含まれていないため、指定席に乗車したいときには、「みどりの窓口」等で指定席料金を追加で支払った上で、指定席券を購入しなければならない。

(2)普通切符(乗車券)や近距離切符(乗車券)の入手方法

(3)各種電車への乗車方法

日本の鉄道への乗車方法については、諸外国の鉄道と大きな差はない。切符売り場の横手にある、改札口とよばれる検札場所で乗車切符の確認を受け、プラットホームへと移動し、順序良く並んで乗車する。

@「改札口」を通過する
Aプラットホームに出る
Bホームで電車を待ち、到着したら乗車する
【参考】

全国の時刻表リンク集:http://www.jikoku.com/
  JR、新幹線、首都圏の私鉄、飛行機各線、空港連絡線、長距離フェリー等々の
  時刻表のリンク先がまとめて掲載されている。

copyright TOPページ